top of page
  • by Lily

BORDER Less-憶想を結ぶ、ふたりの布-



会期 2021.04.04〜2021.04.11

gallery KINGYO



展示会にあたって

ごあいさつ


2020年、グローバル化が進む今日では、人種や性別、国境を超え、多様な人々の存在が受け入れられつつある。あらゆる境界が見直される中、突如として新型コロナウイルスにより、社会の状況は大きく変動した。海外では国境閉鎖が行われ、人々に対しては、ソーシャルディスタンスとして身体的な距離が保たれ、私達の生活は新たに現れた境界(ボーダー)によって分裂された。

そんな混沌とした社会情勢の中で、本展覧会の出展作家である皆川は、東京藝術大学の博士課程に入学した。約一年のオンラインによるコミュニケーションの時間や場所を問わない繋がりに奇妙な感覚を覚えたという。2020年におけるオンラインのコミュニケーションは、新型コロナウイルスによって分断された二人の作家の世界を結び、ボーダレスにする唯一の手段だったように思う。互いの身体が断絶された状況下で、両者の世界が結ばれ繋がり合うことのできた喜びや興奮、同時に感じた奇妙な感覚。

それが、オンラインという一つの手段が可能にした「borderless(ボーダーレス)」の体験である。この体験をもとに、今回「borderless」を主題とした展覧会を企画するはこびとなった。


「borderless」とは辞書的には境界や国境がないことを指す言葉である。

だが、本展覧会ではこの言葉を辞書的な意味だけではなく、各々の染織分野的考察からアプローチした作品が出会う(結ばれる)場としての展覧会をめざした。

「結び」には様々な伝承があり、語源を辿ると「陰陽相対的なものが和合して新しい活動を起す」といわれている。これは、皆川が研究する「バイロジック(対称)表現」の思想と通ずるものがある。また「結び」には「象徴的用途」として「記憶・象徴・標識」が主にあるとされ、これは単勝撼が研究する「五感の記憶」にも通じている。


本展示は、技法の異なる染織分野における二人の作品の結び目である。

両者の作品が、展示を通じて結ばれ、生み出される世界はどんなものだろうか。

彼女たちの共通する表現媒体である“布”を通じて人と人が繋がっていく、そんな「borderless」な世界を感じていただけたら幸いである。



皆川 百合

金盛郁子





閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page